アトリエ なないろのはな hiromi

記事一覧(2)

絵への想い

私が現在のように絵を描きはじめたのは2008年ごろ。日本海と大山と神話の里、山陰に住んでいた時でした。 当時は子どもが小さかったので、子育て真っただ中のバタバタな時期でよく煮詰まっていました。そんな気持ちをボヤいたところ、ある方に「色鉛筆で絵を描いてみたら?」と言っていただき、色鉛筆で絵を描きはじめました。 特別絵の勉強をしたことはないのですが、子どものころから絵を描くのが好きで、色鉛筆やパステル、カラフルなインクや画用紙原稿用紙等、なぜか使わない画材が「さあ!使ってください!」と言わんばかりに押し入れにそろっていたんです。言葉にならない気持ちを絵で表現するのは楽しく、自己流で好きなように描いて人に観ていただくと、みなさん優しいのでほめてくださるのがまたうれしく、そんな中、パステル和(NAGOMI)アートを知ったのです。その時は「パステルなごみアートっていうものがあるんだな~」ぐらいにしか思っていなかったのですが、大阪に引っ越してきてフリマボックスに色鉛筆画を出品するようになり、絵の表現の幅をひろげたいと思った時に、パステルアートを学びました。(※現在フリマボックスには出品していません)私はもともとあまりしゃべることは得意ではなく、言葉では思っていることの半分も表現できないことをずっともどかしく思っていました。私にとって絵を描くことは、自分の気持ちを表現する最良の手段。絵を描いていると、こみ上げてくる想いに泣きそうになることも。絵は感情そのものだと感じています。アートは魂が創り出すものだと思っているので、個人的に絵の好き嫌いはあっても、いい悪いの評価は必要ないと感じています。レッスンにお越しいただく方には、画材や表現方法、上手下手などの細かいことにとらわれることなく自由に表現していただければと思います。絵を描きながら感情が湧き上がってくれば安心して感じ、ただ私と一緒に楽しい時間を過ごしましょう。そうすることで自然と気持ちが癒され、少しでも晴れやかな気分になっていただけたら、これほどうれしいことはありません。

はじめまして

ご訪問ありがとうございます(*^^*)アトリエ なないろのはなのhiromiと申します。 南大阪・河内長野市でパステルアート教室と創作をしています。子どものころ、勉強するべく無理やり机につかされていた日々。ヒマつぶしに、こっそりずっと落書きをしていました。特別絵の勉強はしたことがなく、まさか自分が絵を描くことを仕事にするとは想像もしていなかったのですが、今思えば当時のお絵かきが私の原点になっています。お客様が安心してご自身の創造性とつながれる空間作りと、”自分にしか創り出せない世界”にこだわりながら、観る人のハートに届くアートを創作していきたいと思います。アートに触れるひととき、ほっと和んでいただけたらうれしいです(*^^*)家族大好き。つくるの大好き。きれいなものやかわいいものが大好き。ホメオパシー・バッチフラワーレメディなどの自然療法や心理学にも興味があります。◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆愛媛生まれ、山口育ち。九州女子短期大学 養護教育科卒業。卒業後、山口県の公立小学校に養護教諭として勤務。その後、一般企業でカウンター業務のかたわらPOPの作成を担当し、ひたすら絵を描いていました。結婚を機に退社。結婚後、広島、島根、鳥取、大阪に転勤。3人の子どもを育てながら専業主婦してきました。2013年、バッチフラワーレメディ(フラワーエッセンス)のコンサルテーション(カウンセリング)を提供する場として『ヒーリングサロン なないろのはな』をはじめました。2014年、『アトリエ なないろのはな』に改称。現在はパステルを中心にしたアート教室です。◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆*取得資格養護教諭 中学校教諭(保健)医療秘書士 医療事務管理士LCCHホミオパシー通信講座修了バッチ国際教育プログラム レベル3修了レイキヒーラーパステル和アート正インストラクター曼荼羅アート伝授修了フラワー・オブ・ライフファシリテーター講座修了なのの森認定・パステルステンドグラスアートインストラクター